レーザートーニングのデメリットやリスク・副作用について、メリットと合わせて体験者が解説します

サイトアフィリエイト広告を利用しています。

✔シミが気になる
✔肝斑が気になる
✔顔がくすんで見える

そんな悩みを抱えて、レーザートーニングを検討されている方は多いのではないでしょうか?
シミって一度気になると本当に気になりますよね・・・💦

ということで今回は、そんなレーザートーニングを何度もリピする私が、デメリットや副作用、メリットを正直に解説していきます。

【湘南美容】シミや毛穴を撲滅!レーザートーニング10回の効果をブログでレポします

美容医療は高額だし、失敗したくない
キレイにしたくて受けたのに万一失敗したらと思うと悲しい・・・

という方はゼヒ読んでみて下さい☺️。

わたしのおすすめ

安くて対応も丁寧な湘南美容外科がいちおしです♡
私も肌管理やたるみ治療で湘南美容外科には通ってます✨

\今なら10000円OFFクーポンあり/

レーザートーニングとは

レーザートーニングは今まで治療方法が少なかった「肝斑(かんぱん)」の治療ができるレーザーです。

肝斑とは頬や鼻の下、額に左右対称にできるシミの一種で、30~40代の女性に多くあらわれ、紫外線だけでなくホルモンバランスの崩れが関係するといわれます。

また、レーザートーニングは肝斑治療に限らず、肌全体のくすみ、毛穴の黒ずみ、ニキビ跡の色素沈着、そばかす、シミに対しても有効なので、お肌のトータルケアが可能です。

\今だけLINE友達で1万円OFFクーポンあり/

レーザートーニングの症例写真

まずは私自身が受けたレーザートーニングの症例写真です。

細かなシミや赤みが消えて、かなりキレイになりましたよね~🥺💕
(自画自賛ですが💦)

そのほか、SNS掲載のレーザートーニングの写真をまとめました。



どの方もとてもキレイになってますよね👀✨
コスメではなかなか出せない結果なので、こういった症例写真を見ると「やっぱり美容医療は夢があるな~」と思います。

\今だけLINE友達で1万円OFFクーポンあり/

レーザートーニングのデメリットや副作用、リスク7つ

私が思う、レーザートーニングのデメリットを7つ挙げていきます。

デメリット1:化粧品と比べると高額

レーザートーニングは安いクリニックでも全顔1回8,000円~10,000円
しかも1度では効果が出ないので、回数を重ねる必要があります。
そう考えると正直、化粧品と比べるとかなり高額ですよね・・・。

ただ、化粧品では得られない効果がレーザートーニングではあるので比較しても仕方が無いと思います
化粧品だと、1000年かかってもシミは消えません(きっぱり)。

長い目で見れば、高額な化粧品に課金するよりずっと経済的なことは間違いないです。

デメリット2:効果を感じるまでに時間がかかる

レーザートーニングは回数を重ねないとはシミへの効果は感じづらいです。

私自身の体感では最初の1・2回で「あれ?お肌がツルツルになった?」と感じ、3・4回目からようやく「顔全体が少し白くなった」と思うようになりました。
明らかにシミへの効果を感じるようになったのは5回目以降です。

レーザートーニングは基本的に週1回の照射が効果的なので、5回照射するとしても、1ヵ月ほどかかってしまいます。

そのため「〇〇までにシミをキレイにしたい!」という目標がある方はスケジュールに余裕をもって受けたほうが良いです。

デメリット3:シミによっては効果が無い場合もある

レーザートーニングはシミの種類によっては効果が発揮しづらいです。
シミと一言でいっても加齢によるシミなのか肝斑なのか、そばかすなのかでも効果が変わってきます。

私自身も、レーザートーニングでシミはかなり改善されましたがゼロにはなりませんでした。

「シミを確実にキレイにしたい!」という方はAI肌診断のVISIAでシミの診断してから照射するのがおすすめ!🥰。
VISIAだと肉眼では見えないシミも分かるので、今後の治療方針も立てやすいです。

単純に「私の肌、こんな感じなんだ~」と分かって面白い!

【東京】クリニックでVISIAの肌診断を受けてきました!体験談をブログでレポします♡

今だとエトワールレジーナクリニック実質無料でVISIAが受けられます。

デメリット4:シミが再発することがある

せっかくレーザートーニングでシミが無くなってもアフターケアを怠っていてはシミが再発しやすいです。
なので、日焼け止めは365日必須!

日焼け止めは毎日使うものなので、高コスパで肌馴染みが良いものを・・・と探して行きついたのはロート製薬のスキンアクア スーパーモイスチャージェル

たまに浮気することもありますが、いつも戻ってきてしまいます。
使い始めてはや4年以上ですが、今後も愛用する予定❣️。

あとは、シナールやトラネキサム酸、ユベラもずーっと内服しています。

内服なので一気に分かりやすい効果があるワケでは無いですが、ボディーブローのようにじわじわと効いてる感じがある。

ただ実は・・・ここまで頑張っても私はシミを再発させてしまいました。
再発したのは妊娠した時。

せっかくキレイにしたのにこんなにシミだらけに!

上の写真は出産間近に撮影したものです。
妊娠によりホルモンバランスが崩れるので肝斑がでてしまうようです。
仕方が無いことですが、やっぱり悲しい(泣)。

ただ、産後約1年でキレイに消えました✨。

さすがにレーザートーニングを受けた直後の方がやっぱり透明感はあるけれど、日焼け止めと内服をコツコツずーっと続けていたこともあり、割と元通りになって嬉しいです。
(内服は妊娠中はしてませんでした。)

内服は少しハードルが高いかもしれませんが、これからレーザートーニングを受ける方はとにかく日焼け止めは用意してから受けた方が良いです。

\今だけLINE友達で1万円OFFクーポンあり/

デメリット5:レーザートーニングと併用不可の美容施術あり

レーザートーニングはイオン導入などとは相性が良いですが、逆に併用不可の施術もあります。

たとえばですが、ダーマペンとは併用不可です。
(ダーマペンは顔に小さな針穴を作る施術です。針穴にレーザーを当ててしまうと、色素沈着の可能性があるため併用は不可です)

レーザートーニングの他にもやりたい治療がある方は、順番やスケジュールなどを医師に相談して決めるようにしましょう。

デメリット6:白斑ができることもある

白斑とはメラニン色素が消失して皮膚の一部が白くなってしまう症状です。
短期間に何度も照射したり、高出力でレーザーをあてたりすると、白斑の原因になります。

こういったリスクを避けるためにはなるべく症例数の多いクリニックを選ぶことがおすすめです。

わたし

私のおすすめはシミ取り症例実績70万件以上の湘南美容外科。
私自身、湘南美容ではレーザートーニングやフォトRFなどやったことがあります。

デメリット7:乾燥したりにきびができることも

レーザートーニングは毛穴に刺激が加わるので、肌が乾燥したりニキビができることがあります。

私自身は元々、乾燥肌だったこともあり、施術後数日間はよく乾燥してました。
ただ、1週間ほど経つとむしろお肌がモチモチに✨。

ずーっと乾燥したまま、ニキビができたまま、ということは無いです。

\今だけLINE友達で1万円OFFクーポンあり/

レーザートーニングのメリット7つ

今度はレーザートーニングはメリットを7つ紹介します。

メリット1:ダウンタイムが無い

レーザートーニングはほとんどダウンタイムがありません。

厳密に言えば、肌が乾燥したりすることはあるので自分の中で分かるダウンタイムはありますが、他人から見て分かるようなダウンタイムは全くありません。

施術直後からスケジュールを入れても問題なし!👌✨

メリット2:ほぼ無痛

今まで色んな美容医療を受けてきましたが、中には麻酔しても痛い治療も・・・。
その点、レーザートーニングはほぼ痛みなしなので、痛みの心配はありません。

むしろ、ちょっとくすぐったいくらい🫢。

メリット3:肝斑や細かなシミが気にならなくなる

レーザートーニングの最大のメリットは肝斑や細かなシミが全く気にならなくなったこと。
朝起きてパッと自分の顔を鏡で見た時に「なんか白い!」と感じるようになりました。
頬のあたりがお餅っぽくなって嬉しい🥰💗。

わたし

よーーーく見たらシミがありますが、誰もそんな風に粗さがしするように見てこないし、大切なのは第一印象です。

シミが見えない・白っぽい、と言うだけで清潔感がアップするし、なんなら「仕事が出来そう」「明るそう」という印象すら与えることができるとレーザートーニングで気づきました😌。

\今だけLINE友達で1万円OFFクーポンあり/

メリット4:毛穴も気にならなくなった

レーザートーニングの主目的はシミでしたが、毛穴もかなり改善されました!✨

SNSに掲載されている症例写真でも、レーザートーニングで毛穴が目立たなくなっているのが分かる人は多いかと思います。

ただし、残念ながら凹んでる毛穴には残念ながら効果はありません。
凹んでる毛穴にはCO2フラクショナルレーザーダーマペンがおすすめです。

メリット5:長期的に見れば高コスパ

レーザートーニングは全顔1回8,000円~10,000円ほどかかる上に回数を重ねないと効果がでないので一見高額に見えますが、長期的に見れば決して「高くは無い買い物」かと思います。

と言うのも、高額な美白美容液を使い続けてもシミは消えなかったからです。

でも、レーザートーニングを一度きちんと回数を重ねて受けてからは、シミは気にならなくなりました。

最初は1週間ごとに受けて、シミが気にならなくなれば1~2ヵ月に1度受けたら尚よし!

実際、私は最後にレーザートーニングを受けてから3年ほど経っていますが、大きなシミの再発はしていません。
(妊娠により一時的にはシミがが増えましたが。)

なので、実体験として「高額な美白美容液を使い続けるよりも、一度きちんと治療して良かった。長い目で見たら経済的だった」と心から思っています。

治療前は諭吉コスメにお金をかけていましたが、今ではシミケアについては日焼け止めも美容液もプチプラです。

メリット6:メイクが短時間

コンシーラーを複数使ってシミを消していましたが、そんな必要が無くなったのでメイク時間が短縮できました。

コンシーラーは塗れば塗るほど逆にシミが目立つというジレンマから解放されてスッキリ

それから、顔全体がトーンアップしたので、ファンデーションも滅多に使わなくなりました。
「今日はきっちりめにメイクしたいな」という時はCCクリームを塗って、その上から軽くパウダーを乗せるのみ。

お気に入りのCCクリームはSK-Ⅱのアトモスフィアです。

ちょっと高いけど、少量で伸び良く使えるので1年以上もちます。

すっぴん風メイクじゃなくて、ホントにすっぴんに近いメイクが短時間で出来るようになって大満足です☺️🙌。

\今だけLINE友達で1万円OFFクーポンあり/

メリット7:気持ちが明るくなった

たかがシミ、されどシミ。

小さなシミでも、あるか無いかで鏡を見た時の気分が全然違います。
シミってちょっとあるだけでも老けこんだ気分になるんですよね。
しかも一度気になり始めると止まらない・・・😥

レーザートーニングでシミが気にならなくなったことで、毎日のメイクが楽しくなったし、シミで悩む時間も無くなりました🙃👌

なんでもっと早くやらなかったんだろうと思うくらい。

美容の目的って、毎日をより楽しく過ごせるようにすることだと思うんですよね。
なので気持ちが明るくなり、自分に自信を持てるようになったので、本当に受けて良かったと思います。

レーザートーニングのデメリットとメリットのまとめ

いかがでしたでしょうか。
以上がレーザートーニングのデメリットとメリットです。

改めて、以下にまとめました。

デメリット
  • 化粧品と比べると高額
  • 効果を感じるまでに時間がかかる
  • シミによっては効果が無い場合もある
  • シミが再発することがある
  • レーザートーニングと併用不可の美容施術あり
  • 白斑ができることもある
  • 乾燥したりにきびができることも
メリット
  • ダウンタイムが無い
  • ほぼ無痛
  • 肝斑や細かなシミが気にならなくなる
  • 毛穴も気にならなくなった
  • 長期的に見れば高コスパ
  • メイクが短時間
  • 気持ちが明るくなった

デメリットもあるけれど、メリットの方が圧倒的!

シミは病気じゃないけど、無くなったら毎日がより楽しく過ごせるようになりました。

私にとって初めての美容医療がレーザートーニングだったので、とても勇気のいる決断でしたが(なんたって高い!)、今ではもっと早く受けた方が経済的だったなと思います。

シミが沢山できてから行くより、まだ少ないうちに行った方が安く済んで効果も出やすいですし。

あと以前、かの有名な高須先生が「見た目を若くすると、自分の脳も騙される」って言ってたんです。
ホントにその通りでシミが消えて若返ったことで心も若返って、何事にも「疲れた・億劫」と言いがちだったのが「もうちょっと頑張ろう」と思えるようになったような気もします✨。

デメリットとメリットをよく考えてレーザートーニングを検討して頂ければ幸いです。
本記事が皆様のお役に立てますように💕。

\今だけLINE友達で1万円OFFクーポンあり/

その他、シミに関する記事